2088年10月20日

earthシューズの体に良い構造って?


 earth シューズの基本構造

1  ゲルロン2000 ショックアブソーバー 
    earth独自の衝撃吸収材、ゲルロン2000が歩行時にかかとや
    足腰にかかる衝撃をしっかりと吸収

2 エアリーフッドヘッド 
   ブリーザブルレザーを使用したやわらかなビロード調のフットベッド。 
   下には中足骨部分をサポートする硬質ゴムを内蔵。

3  高耐久性ソール
   軽量で耐久性の高いポリウレタンを使用
    先の上がったデザインで、自然な歩き出しをサポート
     ASTMによる国際基準のスリップ防止ソール

4 多層構造ミッドソール
   いくつもの層が衝撃を吸収し足を守る
   中足骨部分とかかと部分、それぞれに合わせた硬度のEVAを使用
   また2種類のラテックスゴムが歩行時の衝撃を吸収

5 リサイクルファイバーシャンク
   内部に軽量で優れた構造安定性を持つリサイクルファイバーを使用
   歩行に合わせたしなりを実現

6 エルゴノミックアーチサポート
   足裏の形状に自然とピッタリ沿う多層素材を使用したアーチ部
   マットレスのような安定感とクッション機能

また、earthフットウェアは、米国足病学協会認定品であるとともに
【英国ビーガン協会認定マーク】
このマークは、以下を認定されています。

動物性の素材を一切使用しておりません。
英国の厳格な菜食主義団体によって認定されています。

posted by エアロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | earth ブーツの構造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。